MENU

日焼けが原因?頭頂部の薄毛に悩んでるなら紫外線予防も

男性であっても女性であっても、頭頂部の薄毛の原因として多いのはAGAです。ただ、AGA以外が原因となって頭頂部が薄くなってしまう人も一定数います。

 

そのAGA以外の原因として多いのが日焼けです。日焼けは頭皮に良くないとか、日焼けをしすぎるとハゲるなんてことを聞いたことが1度はあるかもしれません。一部ではこれを迷信として扱う人もいますが、日焼けは確かに頭皮に悪影響を与えます。

 

ここでは、日焼けが頭皮に与える影響と、薄毛にならないために紫外線から頭皮を守る予防方法について解説していきます。

 

日焼けをすると頭皮はどうなるの?

日焼けが薄毛に結びつくって、聞いたことはあるけどいまいちメカニズムが分からない!そんな人も多いのではないでしょうか?実際、日焼けは薄毛と関係ない!という説を唱える人もいるくらいです。

 

しかし、日焼けは皮膚が軽いやけどを負った状態であるため、少なくとも肌に良いとは言えないというのは確かです。

 

では、日焼けをすることで頭皮が受ける影響には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?以下に主なものをまとめておきました。

 

  • 頭皮がやけど(炎症)を起こし傷つく
  • 頭皮(肌)の乾燥を加速させる
  • 皮脂の分泌を過剰にさせる
  • 肌細胞が老化する

 

ざっと見ただけでも、これだけの悪影響があります。これはあくまでも頭皮に関するものだけを取り上げているので、髪の毛に直接与える悪影響も入れたら数えきれないくらいのダメージを受けていることになるんです。(たとえば、縮れ毛や切れ毛、枝毛などを作る原因になります)

 

基本的に日焼け(やけど)をした部分というのは水分バランスが崩れるため、乾燥肌になってフケが出たり、頭皮を守ろうと皮脂が過剰に分泌されて皮脂バランスが崩れたりしてしまいます。

 

頭頂部(つむじ周り)は特に日焼けをしやすい

頭頂部は人間の体のなかでも、もっとも日に焼けやすい部分といわれています。顔や腕などと比べると、もっとも太陽に近い位置にあり、なおかつ常に真上を向いているため紫外線の影響を受けるのは当然といえば当然ですね。

 

しかも、頭頂部にはつむじがあります。ご存知の通り、つむじ周辺は他の部分よりも髪の毛が少なく、頭皮がむき出しになっています。そのため、頭頂部は頭の中でもより日に焼けやすい部分というわけなんです。

 

色んなデータがありますが、一説によると腕や顔などに比べて頭頂部の日焼けのしやすさは3倍〜4倍にもなるといわれています。

 

夏場、外に長い時間いて日光を直接浴びていると、頭が暑くなることがあるでしょう。こんなときには、頭頂部の頭皮は大きな紫外線ダメージを受けていると考えられます。

 

日焼けを未然に防ぐために予防をしよう!

一度日焼けをしてしまうと、紫外線ダメージは肌に蓄積されていきます。そのため、日焼けをしないような対策(予防)をするのが最も重要です。

 

日焼け対策としていちばんポピュラーなのは日焼け止めクリームなどですが、頭皮に日焼け止めを塗るわけにはいきません。最近はスプレータイプのものも増えてきましたが、これも頭皮に吹きかけるのはおすすめできません。

 

そう考えていくと、月並みではありますが、防止をかぶったり日傘をさしたりするというのが最も有効な対策法であることがわかります。

 

帽子を被りすぎると薄毛になるというのはよく聞く話ですが、これはほぼ迷信です。確かに帽子をずっとかぶっていて、汗で頭皮が蒸れているのを放置した場合には頭皮に悪影響があるので薄毛の原因になることもあるでしょう。

 

しかし、こまめに帽子をとったり、通気性に気を配れば全く問題ないレベルです。それよりも日焼けのほうがよっぽど悪影響ですので、男性であっても帽子や日傘は使うようにしたほうが良いでしょう。

 

頭皮が日焼けしてしまった場合の対処法

日焼けの紫外線ダメージは徐々に蓄積されていきますので、できれば日焼けをしないような工夫をすることがベストです。

 

しかし、仕事や遊び、付き合いなどで、致し方なく日焼けをしてしまう人は少なくないでしょう。そんなときには、しっかりとしたアフターケアをすることが大切です。

 

日焼けをしてしまったらもう取り返しが付かないというわけではなく、たとえ日焼けをしたとしても、しっかりとしたアフターケアをしていれば紫外線ダメージの蓄積を最小限に抑えることができます。

 

頭皮が日焼けした場合の具体的なアフターケア方法

頭皮が日焼けした場合のアフターケアの基本は、『クールダウン』と『保湿』です。すでに解説したように、日焼けというのは一種のやけど状態ですので、やけどのときと対処法は似ています。

 

まず、クールダウンの方法ですが、これは冷たいシャワーや保冷剤などを使って頭皮部分を冷やすようにします。日焼けをしてからできるだけ早く対処したほうがいいので、海やプールなどで日焼けをした場合には冷水で頭皮を冷やすようにしてください。

 

一方、保湿に関しては化粧水を使うと良いとされています。顔につける用の化粧水でもいいですが、一番おすすめなのはやはり頭皮環境を整える目的で開発された育毛剤です。

 

日焼けをした場合でも、冷水でクールダウンし、育毛剤で保湿&頭皮メンテナンスをすればダメージはかなり軽減できます。

 

 

関連ページ

【女性も男性も必見!】頭頂部の薄毛に効くシャンプーと洗い方
頭頂部の薄毛の原因として、髪の毛の洗い方が大きく影響していることがあります。今現在、育毛剤を使っているという人も髪の毛の洗い方やシャンプーを見直すことで、より育毛剤の効果を発揮させることができるかもしれません。