MENU

サウナが頭頂部の薄毛を進行させる?知っておくべき効果と注意点

サウナ好きの方は毎日でも入りたくなる、という話をよく聞きます。

 

体を温めて汗をしっかりかいて健康にとてもよいイメージがありますが、サウナが髪にもたらすメリットと意外なデメリットがあることをご存じでしょうか。

 

サウナ好きの方は特に、これを知ることでサウナとの上手な距離を取るきっかけにされてはいかがでしょうか。

 

サウナが髪に与えるデメリット

サウナは高温の中で汗を大量にかきます。サウナ好きな方にとっては、この後の爽快感がたまらないのではないでしょうか。

 

ただ、この汗と一緒に分泌される油分や皮脂とが、発毛の妨げになることがあります。

 

まず汗は多量に塩分や老廃物を含みますので、汗をかいた後洗い流さずに長時間放置すれば、その成分で炎症を起こしたり雑菌が繁殖したりと髪にとってあまり良くない頭皮環境になってしまいます。

 

油分は本来、頭皮や髪を外部の乾燥や菌の侵入から守ってくれ?るものです。ところが洗い方が不十分で古い油が蓄積されると、それはやがて酸化して異臭を放ち、頭皮や髪の老化の原因になります。

 

また皮脂が固まって毛穴に詰まることで新しい毛が生えにくくなり、髪は抜けるのに生ええ変わらないという状態が続いて薄毛になることがあります。

 

サウナは直接的に薄毛の原因にはなりませんが、サウナを出た後のケアが不十分だと髪の生育にかえって悪影響を及ぼすことになりがちです。

 

サウナが髪に与えるメリット

では、サウナに入ることで得られる育毛のメリットはないのでしょうか?

 

サウナと言えば、高温で体が温められますので、血液が流れやすくなります。また、サウナでしばらく汗をかいた後、たいていの方が水風呂で鎮静させます。

 

この繰り返しが血管を収縮させ、血液をより体の隅々までいきわたらせることができます。血液が体内にしっかり流れるということは、それだけ血中に溶け込んだ栄養が運ばれやすくなっているということです。

 

頭皮は特に毛細血管の集まりで、歳を取るごとに血流が悪くなりやすく栄養不足に陥ることが多々あります。頭皮にきちんと栄養が行きわたらないと育毛の際の栄養素が不足して、白髪や発毛不良、脱毛などの症状を進行させてしまうのです。

 

また、大量の汗をかくことで汗腺を活発に働かせることができます。汗腺の機能を正常化することは、健康な頭皮を作る上でも重要だと言われています。

 

このように、サウナを利用することで、健康な髪の毛が生えやすい土台を作ることができるというメリットもあるのです。

 

まとめ

何でもそうですが、やりすぎ、やりっぱなしはどんなにいいものでも逆効果になります。サウナも上手に利用すれば、体を健康に保つ手助けになりますし、髪にとっても良い効果が期待できます。

 

ただ、問題はやはり頼りすぎ、そしてアフターケアにあるようです。体にいいからと必要以上にサウナに入ると、汗が大量に発汗され?て?体から水分が奪われ、開いた汗腺からは日常的に水分が放出されやすくなります。

 

また、水分の蒸発で肌が乾燥し、角質がはがれやすくなって、未熟な皮膚に髪が定着しにくくなることも起こります。肌の乾燥に汗の塩分も加わると炎症などが起きやすく、逆に肌を守るための油分が過剰に分泌され、毛穴が詰まって吹き出物ができるという悪循環も生みます。

 

過剰にサウナに入った結果、このような頭皮環境の悪化を招きやすくなり、発毛や育毛がうまくいかないという望ましくない副作用を生んでしまうことになりかねません。

 

サウナは利用する間隔を適度に開けたり、時間を短時間に抑えたりして、体に負担をかけすぎないこと。そして、サウナから出た後はシャンプーでしっかり頭皮をマッサージするように洗い、余分な皮脂が残らないようにすることで毛穴の詰まりを防ぐことができます。

 

乾燥しやすい人は、過剰な皮脂の分泌量を抑えるために頭皮用の化粧水などを使うこともおすすめです。サ?ウナは使い方によって発毛も薄毛も促す、両刃の剣となる可能性があるわけですね。

関連ページ

ダイエットが原因で頭頂部は薄毛になる?メカニズムと改善法
太り過ぎは良くありませんが、急激なダイエットや過激なダイエットで薄毛を引き起こすことも珍しくありません。このページでは、どのようなダイエットが危険で、具体的にどのようなことに気をつければいいのか?を解説しています。
頭頂部がかゆい!かゆみと薄毛に関係はある?
頭皮にかゆみが出ているのは、何かしらの異常が発生しているからです。頭をかきすぎてフケになってしまっていたり、頭皮を傷つけてしまうと薄毛に結びついてしまう可能性もあるようです。