MENU

初期症状はある?頭頂部の薄毛の兆候にいち早く気付こう!

頭頂部からくる薄毛って、自分では見えないので、気づいたときにはすでにかなり進行していたなんてことも多いんです。

 

しかも、頭頂部にはつむじがあるので更に厄介。

 

何かしらのきっかけで『薄毛かな?』と思って鏡を使って確認しても、『ただのつむじ?それとも薄毛の初期症状?』って判別付きませんよね。

 

できる限り早く薄毛対策を始めるためにも、自分自身が薄毛の初期段階にあるのかどうか?ということを適切に判断できるということはとても大切なわけです。

 

ということで、ここでは頭頂部の薄毛の兆候にいち早く気付くための正しい知識と判断方法を解説していきます。

 

初期段階の薄毛(私の場合)

これはあくまでも渡しの場合ですが、頭頂部が薄くなってきたなぁ。。。と悩み始めたのがちょうど以下のような状態のときです。

写真を見て分かる通り、頭頂部の地肌が見えています。

 

ただ、この写真、見方によってはただのつむじなのでは?と思う人もいるはずです。実際、私自身もはじめ自分で鏡を使って確認してみたときには『前からこうだったかもしれない』、『薄毛ではないかもしれない』とも思っていました。(どちらかというと、薄毛だと信じたくない!という気持ちのほうが強かったかもですが…)

 

その後、何の対策もせずに放置していた結果、薄毛は徐々に進行していき、最終的には以下のような状態にまで進んでしまったんです。

画像を比較してみると明らかに進行しているのがわかります。でも、後者の画像だけをただ単に見せられたら『明確に薄毛だ!』とは言い切れないかもしれません。

 

頭頂部の薄毛を経験した私の意見としては、『自分が気になりだしたら対策を始めるべき』だと思っています。

 

私のようにある程度進んでから薄毛対策を始めるよりも、気になりだしたときから対策を始めたほうが改善も早いです。それに、もし仮に薄毛ではなかったとしても、育毛剤による頭皮ケアはやっておいて損はありません。健康な髪の毛でも、育毛剤によるケアをすることで、より抜けにくく強い髪にすることができるからです。

 

初期症状を見分けるのは極めて難しいことですので、自分自身の感覚を大切にしたほうが良いです。上で紹介した私の写真を参考にして、『薄くなってきたかも』と思ったら何かしらの対策は始めたほうが良いでしょう。

 

頭頂部の薄毛の初期症状を見逃さないために重要なこと

基本的には上で解説したように、『自分が気になりだした段階』で、なんらかの対策は始めたほうが良いです。しかし、自分自身の感覚以外にも客観的なチェックポイントがないわけではありません。客観的な判断をしたいという場合には、以下の3つがおすすめです。

  • 抜け毛の状態をチェック
  • 頭頂部をスマホなどで撮影
  • 毛質の変化を観察する

抜け毛の状態をチェック

お風呂や寝起きの枕などを見てみて、抜け毛の状態をチェックしてみましょう。特にAGAの場合には、抜け毛が弱々しく細くなっていることが多いです。抜け毛が今生えている他の髪の毛よりも明らかに細い場合には薄毛の初期症状である可能性は大です。

 

また、健康な髪の毛の場合には毛根がしっかりと付いているのに対して、薄毛が進行する過程で抜ける髪の毛は毛根がないことが多いです。抜け毛の先端と根本を見て、どちらか判別つかない場合には要注意です。

 

頭頂部をスマホなどで撮影

これは非常にわかりやすい方法ですね。私もやっていた方法で、気になりだした日から毎日お風呂上がりに頭頂部の写真を撮っていました。

 

このときに注意したいのが同じ環境、同じ条件で撮影するということです。例えば、1日目はお風呂に入る前に撮影したのに、2日目は洗髪後にドライヤーで乾かしてから撮影したというのでは正確に判断できなくなります。髪の毛はドライヤーで乾かしたあとが一番ふっくらとしており、薄毛が目立たない状態になっているからです。

 

また、光の当たり具合についても同じ条件の下、撮影するようにしましょう。

 

毛質の変化を観察する

気になっている頭頂部の髪の毛1本1本の質を確かめてみましょう。健康な髪の場合には、コシがあってハリもありますが、薄毛が進行している場合は細くてコシがありません。

 

もしコシがあるかどうか?とか、ハリがあるかどうか?というのがイマイチ分からないという場合には、後頭部の髪の毛と比較してみてください。一般的に後頭部は髪の毛が太く、薄毛が進行しにくい場所ですので、ここと比較することで健康な髪かどうかが客観的にわかります。

 

抜け毛の本数で判断することもできるけど…

ネットとかで情報を調べていると、『抜け毛の本数をチェックしましょう!』みたいなことがよく書いてあります。ただ、これを聞いてどう思いますか??

 

個人的には、『日常生活で抜け毛の本数をチェックするなんて無理じゃない?』って思います。実際に薄毛に悩み始めたときも、ネットで調べるとこういう情報がたくさん出てきました。でも、実際に本数を数えようと思うとどれだけ不可能化がわかりました。

 

一般的には、どんな健康な髪の毛の持ち主でも、1日あたり50本〜100本程度は抜けるのが普通だと言われています。そして、この抜け毛の本数が200本〜300本を超えだすと危険のサインというものですね。

 

当時からこの知識だけは持っていましたが、朝起きてからお風呂に入り、夜寝るまで、さまざまなシチュエーションで髪の毛って抜けるものです。それを1本1本数えるなんて到底できません。

 

ということで、これはあくまでも『1日これくらいの本数抜けるのは普通なんですよ〜』という一般論であって、現実的に薄毛の兆候を判断するためには使い勝手の悪いものだと個人的には思っています。

 

少しでも兆候が見られたら、頭皮ケアを始めよう

まとめると、『自分が気になりだした瞬間が薄毛対策を開始するタイミング!』ということです。薄毛初期段階の兆候を明確に判断するのは難しいので、自分自身の感覚を大切にして薄毛開始のタイミングを決めたら良いと思います。

 

そのなかで、上で紹介したようなチェック方法を導入し、本当に薄毛が進行しているのか?これは本当に薄毛なのか?ということを客観的に判断してみるのも良いかもしれません。

 

繰り返しになりますが、薄毛対策は本当に早期が大切です。あとあと後悔しないようにするためにも、頭皮ケアは是非早めに始めておくことをおすすめします。

 

いきなり病院やクリニックに行くというのは億劫だと言う人は、育毛剤を使った頭皮ケアからでも始めてみると良いでしょう。

関連ページ

【基礎知識】どこからがAGA?育毛剤などで自力で治すことはできるのか?
自分もAGAかもしれない…。そう不安になっても、AGAに関する基礎知識がなければ判断することができません。このページでは、どこからがAGAなのか?そもそも自力で治す方法はあるのか?育毛剤は効果があるのか?などの基礎知識を解説しています。
どこよりも簡潔に解説!フィナステリドとミノキシジルの違いって何?
AGAの治療薬として有名なのがフィナステリドとミノキシジルという2つの成分。しかし、この違いを厳密に説明できる人は多くありません。このページでは2つの違いを簡潔に分かりやすく解説しました。
AGAだけじゃない?意外と知らない頭頂部が薄毛になる原因
頭頂部が薄毛になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?髪の毛が薄くなること=AGAという認識が一般的になってきましたが、実はAGA以外にも薄毛の原因はたくさんあります。
どれくらいでハゲる?頭頂部の薄毛の進行速度と対策のタイミング
20代の薄毛を改善するためには絶対に押さえておくべきポイントがあります。 特に頭頂部の薄毛に悩んでいる場合には、対策法によっては3カ月くらいで改善させることができるかもしれません。
どこからが薄毛?頭頂部の薄毛とつむじの区別方法!
頭頂部が薄いと思っているけど、実際薄毛なのかつむじなのか分からない!という人は多いです。そこで、このページではつむじと薄毛の決定的な違いを解説。本当は薄毛だったのにつむじと思っていた…なんていうことのないようにしたいものです。
若はげの定義って何歳から?いくつから薄くなるのか
若はげってよく聞くけど、そもそもその定義ってなんなの?そんな疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか?このページでは、『若はげとは何歳から薄くなることをいうのか』、『若はげと診断された人はいくつから薄くなったのか』を紹介します。
猫っ毛だと若ハゲになりやすいって本当!?有名な噂を徹底検証
髪の毛が細くて柔らかい、いわゆる猫っ毛の人は若ハゲになりやすいという噂は有名です。ただ、これって本当なのでしょうか?髪の毛が細くて柔らかい人でも、高齢までハゲない人も中にはいます。この違いとは一体何なんでしょう?
【放置すると危険かも】円形脱毛症と若ハゲの違い&改善法
ストレスによってできる円形脱毛症と、AGAなどが原因で起きる若ハゲの判断基準を解説。円形脱毛症の場合は放置しておけば改善されることが多いですが、本当の若ハゲ出会った場合には早めの対策をしないと取り返しの付かないことになるかもしれません。